"/>

キャッシング比較調査隊@即日・無利息など条件で比較!

銀行系カードローンや消費者金融など金利が低くて安心出来る金融業社の中から即日で借りられたり無利息で借りられる、金利が安いなど条件で徹底比較しました。

キャッシングとは

総量規制対象か対象外かに注意する

更新日:

総量規制とは

以前は金融機関が人に対してお金の貸付を行う場合、借入の申込をした人が金融機関の審査を通過すればいくらでも貸付をすることができました。

しかし、そのような状況の下ではお金を借りすぎてしまい、借金を返済することができず多重債務に陥る人が出てきました。

そこで平成18年の12月に貸金業法に基づく貸付を一定の限度までに制限をする総量規制が定められました。

総量規制の一定の限度とは、借入をしようとしている人の年収の3分の1までしか貸付をすることができないというものです。

これによってお金を借りすぎてしまうことが出来なくなり、借金に悩む人は減ることになりました。

しかし、これからキャッシングを利用してお金を借りる場合にはしっかりこの総量規制を把握しておく必要があります。
[point_box3 color="red"]銀行系カードローンは総量規制の対象外

総量規制によって年収の3分の1までしか貸付が出来ない、つまり総量規制の対象となるのは消費者金融系の金融機関になります。

銀行系カードローンは総量規制の対象外になるため、年収の3分の1以上であっても貸し付けを行う事が可能です。[/point_box3]

収入のある会社員は銀行系でも消費者金融でもOKです

キャッシングを利用してお金を借りる人の中にも収入がある会社員も結構いますが、収入がある会社員の場合、キャッシングをするために利用する金融機関は銀行系でも消費者金融でもOKです。

消費者金融での人に対する貸付は貸金業法に基づく貸付なので、総量規制の対象になり、規制を受けることになるのですが、収入のある人であれば、一定の額までは借入をすることができるので特に問題がありません。

サラリーマンの方などが大きな金額のお金を借りる場合は銀行系を利用して、即日融資を受けたい場合は消費者金融を利用するのがいいでしょう。

金利の安さで選ぶ場合は銀行系カードローンの利用がオススメです。

収入が少ないか無収入の人は銀行系を利用しましょう

収入が少ないパート、アルバイト、専業主婦がキャッシングを行う場合は、銀行系カードローンの利用がオススメです。

なぜなら消費者金融は総量規制が適用されるので、収入の少ない人が審査に落ちてしまうことも多く、仮に通過しても借りれる額が少額になってしまうからです。

逆に銀行系の場合は総量規制の対象外なので、このような人でも普通に利用することができます。

キャッシング比較調査隊トップへ

-キャッシングとは

Copyright© キャッシング比較調査隊@即日・無利息など条件で比較! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.