"/>

キャッシング比較調査隊@即日・無利息など条件で比較!

銀行系カードローンや消費者金融など金利が低くて安心出来る金融業社の中から即日で借りられたり無利息で借りられる、金利が安いなど条件で徹底比較しました。

キャッシング比較調査隊がオススメする借り入れのポイント

急な出費でどうしてもお金が足りないとき、銀行や消費者金融など金融機関でキャッシングをして切り抜けられると本当に助かりますね。

キャッシングの貸し付け条件は各金融機関によっていろいろ違う為、自分に合った商品を選ぶことが大切になってきます。

何も考えずに借入してしまうと、金利が高く付いたり、無利息期間の有効利用などが出来ず損をしてしまうこともあります。

キャッシング調査隊が、金利・無利息期間の有無や長さ、審査の早さ等を徹底比較しましたので、お借り入れの際に是非ご活用ください。

おさえておきたいカードローン比較6つのポイント

  • 金利&利息
  • 無利息期間
  • 審査&融資スピード
  • 借入&返済方法
  • 必要書類
  • ATM手数料

最大限度額、最低金利は気にしないこと!

カードローンの説明時に「極度額1000万円」「実質年率4.0%~14.0%」と最大限度額と年利の説明が多くありますが、あなたはいくら借りたいのでしょうか?

統計によると、殆どの方が実際に借りる金額は100万円以下です。

金利というのは借入金額で決まるため、100万円以下であれば上限金利が適用されます。

例えば、下限金利が最低4.0%と設定されているカードローンで借りる場合、なんと1000万円の契約を結ばないといけません!

カードローンで1000万円の借り入れが出来る人は最低でも年収2500万円程度は必要になる為、非現実的な数字である事がよく分かると思います。

つまり、年利を見る場合に気にするべきは下限金利ではなく、上限金利であることを覚えておきましょう。

今日中に借りれるカードローンで比較する

カードローンには即日融資と言ってスピード融資可能なサービスも数多くあります。

しかし、そのほとんどは時間的な制限があるのが現実です。

銀行カードローンであれば銀行業務が終わってしまう時間の前に申し込む必要があります。

消費者金融系比較表

プロミス モビット アコム アイフル
金利 4.5~17.8% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 5.5%~18.0%
限度額 最高500万円 最高800万円 最高800万円  最高300万円
即日審査 最短30分審査 最短即日 最短30分審査 最短30分審査
無利息期間 30日間 無し 30日間  無し
公式ページへ 公式ページへ  公式ページへ  公式ページへ

※プロミスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

銀行系カードローン比較表

みずほ銀行 三菱東京UFJ銀行 オリックス銀行 新生銀行カードローン レイク
金利 2.0%~14.0% 4.6%~14.6% 1.7%~17.8% 4.5%~18.0%
限度額 最高800万円 最高500万円 最高800万円 最高500万円
即日審査 - 最短即日 最短即日 最短即日
無利息期間  無し  無し  無し 30日間
公式ページへ 公式ページへ 公式ページへ  公式ページへ

 

キャッシングの目的によって選ぶ

ここではどういう目的でキャッシングをするのかによってオススメのカードローンをご紹介しています。

自分の目的に合った比較方法を見つけてみて下さい。

  • すぐにお金が必要!即日融資
  • 収入証明書などの面倒な書類は用意したくない!
  • 借入先を一本にまとめたい!おまとめローン
  • 銀行で借りたい!低金利カードローン
  • 安心・安全なところから借りたい!女性向けカードローン
  • とにかく利息は安く!無利息期間あり

直ぐにお金が必要で即日融資を受けたい方は審査時間で比較

キャッシングの審査時間というのは当日中にお金を借りたいという人には死活問題になります。

ここでは審査スピードに定評のある大手消費者金融と一部のメガバンクの審査時間を比較してみましょう。

キャッシング業者 審査時間
プロミス 最短30分 公式ページへ
アイフル 最短30分 公式ページへ
アコム 最短30分 公式ページへ
ノーローン 最短20分 公式ページへ
レイク 仮審査結果が即時 公式ページへ
三菱東京UFJ銀行カードローン 最短30分 公式ページへ

 

お得なキャンペーンがあるカードローンを比較する

プロミス ポイントサービス
プロミスの会員サイトを利用するだけでポイントが貯まります。貯まったポイントでさらに無利息サービスを利用できたり、ATM手数料が無料になったりと便利なサービスです。
公式ページへ
楽天銀行 ポイントサービス
おなじみ楽天スーパーポイントが申し込むだけで1000ポイント、さらにご入会月の翌月末時点のご利用残高に応じてポイントを進呈!貯まったポイントだけ見れば大手消費者金融の無利息期間と同程度のお得感が出るかもしれません。
公式ページへ
じぶん銀行 カードローンau限定割
auユーザーであれば年率0.1%~0.5%の金利優遇を受けられます。誰でもコース(0.1%)、借り換えコース(0.5%)となっておりauユーザーは見逃せないキャンペーンですね。
公式ページへ
静岡銀行 利息キャッシュバックサービス
初回借入れ日から初回返済日までの利息をキャッシュバックシてくれるキャンペーンです。借入のタイミングによっては最大45日間の利息がキャッシュバックされることになります。
公式ページへ

カードローンとクレジットカードのキャッシングの特徴を比較する

「キャッシング」と言うのは大きく分けると2通りの方法があります。

1つはカードローン、もう1つはクレジットカードです。

どちらも「お金を借りる」ということに変わりはないのですが、それぞれ特徴があります。

返済方法が最大の違い

カードローンはリボルビング払い(リボ払い)という分割返済を前提にしているのに対し、クレジットカードは借りた翌月に一括返済というのが最大の違いと言えるでしょう。

例えば、カードローンとクレジットカードでそれぞれ10万円を借りたとします。

カードローンは2万円ずつを5ヶ月で返済することになりますが、クレジットカードの場合は10万円を翌月に一括払いで返済することになります。※本来は利息が上乗せされます。

カードローンは月々の返済負担が軽くて済むということが言えます。

ただし、返済期間が長いということはそれだけ支払総額も増えるということですので、可能な限り早く完済するのがポイントとなります。

融資スピードはどっちが早い?

近年ではキャッシングの手続きはよりスピードを求められることが多くなりました。

キャッシングの性質上、なるべく早く現金が欲しいというニーズが強いためです。

そのため、カードローンでは最短1時間融資のようなサービスも増えてきています。

クレジットカードの場合、申し込みから審査完了して、利用開始まで早くても1週間はかかってしまうものが多いため、早さという点で比較するとカードローンに軍配が上がります。

限度額をキャッシングとカードローンで比較

一概にどちらが多く借りられるかということは言えませんが、融資限度額を比較してみればカードローンの方が多く借りられる可能性は高いです。

というのもクレジットカードのキャッシングは一括返済が前提のため、少額融資になりがちなのです。

仮に100万円をクレジットカードでキャッシングしたとして、翌月に一括返済の請求が来てしまいます。

しっかりと返済計画を立てておかないと大変なことになりますね。

その点、カードローンであれば100万円を借りたとしても分割で1年、2年掛けて返済ということが可能ですので使い安いといえます。

一枚あると安心なカードローン

「もしもの時」という言葉がある通り、いつまとまった現金が必要になるかは分かりません。

今すぐは必要ないという人でも一枚作っておくと、役に立つ時が来る可能性はあります。

冠婚葬祭や身内の怪我や病気など将来的なリスクへの保険としてのカードローンというのも一つの考え方と言えるでしょう。

ご利用は計画的に

持ってるカードをATMに入れると現金が手に入る、まるで銀行から引き出しているかのように。

キャッシングはこの感覚が非常に危険です。

使うときは「自分は借金をしている」という意識をしっかりと持って、返済計画はしっかりと立てておきましょう。

さもなければ、借りたお金を返すためにさらに借金をする、いわゆる自転車操業に陥ります。

返済が滞れば信用情報に傷がつきブラックになります。

こうなるともう普通の貸金業者はお金を貸してくれません。

最後は「無審査」「ブラックOK」という甘い言葉に誘われて借りたところが闇金業者で借金地獄にハマることになるのです。

くれぐれも「借りたお金は返す」ということを忘れないでください。

ではクレジットカードのメリットは?

もちろん、カードローンばかりが良いということもありません。

クレジットカードはお買い物もできて、必要であればキャッシングも可能、その上ポイントも付きます。

海外旅行で現金を持っていって現地で両替するよりも、クレジットカードのキャッシングを利用したほうが手数料が安いというメリットもあります。

しかし、10万円単位のまとまったお金を借りようとするとどうしても一括返済に耐えられないことが出てきてしまうので、そういう場合はカードローンの方がオススメ、ということになります。

 

Q&A

Q: アルバイトでもキャッシングできますか?
A: 問題ありません。カードローンの申込条件は「安定した収入がある方」となっているので、収入がいくらかはそこまで重要ではありません。

Q: 収入が無い専業主婦でもキャッシングできますか?
A: キャッシングは可能です。銀行系カードローンであれば総量規制の対象外なので、配偶者に安定した収入があれば借りることができます。消費者金融は年収の3分の1までしか融資できないので、収入が無い専業主婦は借りられません。

Q: 個人事業主なのですが、事業資金としてキャッシングすることはできますか?
A: カードローンは事業性資金としての融資は行っていません。経営者や自営業の方であれば専用のビジネスローンをご利用下さい。

Q: 学生でもキャッシングできますか?
A: 学生でもアルバイトをして収入があれば大丈夫です。ただし、20歳以上であることが条件です。

更新日:

Copyright© キャッシング比較調査隊@即日・無利息など条件で比較! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.