キャッシング 比較

キャッシング比較調査隊@即日・無利息など条件で比較!

キャッシング比較調査隊がオススメする借り入れのポイント

借入時には自分に合った金融機関・商品を選ぶ

 

急な出費でどうしてもお金が足りないとき、銀行や消費者金融など金融機関でキャッシングをして切り抜けられると本当に助かりますね。

 

キャッシングの貸し付け条件は各金融機関によっていろいろ違う為、自分に合った商品を選ぶことが大切になってきます。

 

何も考えずに借入してしまうと、金利が高く付いたり、無利息期間の有効利用などが出来ず損をしてしまうこともあります。

 

キャッシング調査隊が、金利・無利息期間の有無や長さ、限度額の大きさや審査の早さ等を徹底比較しましたので、お借り入れの際に是非ご活用ください。

 

 金利の違いで比較

 

銀行系と消費者金融の提供するキャッシングのサービスはまず金利や限度額に違いがあり、基本的に金利は銀行系のほうが消費者金融よりも低金利になっています。

 

しかしここ最近は消費者金融においてもかなり低金利のサービスを提供することが多くなり、銀行系の基準に近づきつつあると言えます。

 

また、サービスによっては無利息期間を設けていて、期間内に返済すれば金利無料で利用することができます。

 

銀行系カードローンは消費者金融系よりも基本低金利
無利息期間がある場合、期間内返済で金利無料

 

借り入れ限度額の違いで比較

 

また借入の契約をする際にあらかじめ決めておく限度額においても銀行系のほうが消費者金融よりも額が大きい傾向にあります

 

そのためたくさんのお金を借りたいと考えているのであれば消費者金融よりも銀行系を利用してキャッシングをしたほがいいでしょう。

銀行系カードローンは消費者金融系よりも限度額が大きい傾向がある

 

審査の早さで比較

 

次に審査のスピードにも違いがあり、一般的に消費者金融のほうが銀行系よりも審査が早い傾向にあります

 

キャッシングを利用する場合、即日融資を希望する人も多いですが、このような場合は消費者金融を利用したほうがいいでしょう。

消費者金融系は銀行系カードローンよりも審査が早い傾向にある

総量規制の対象か対象外か

 

金融機関が人に融資をする場合において一定の規制をする総量規制が貸金業法で定められ、貸金業法に基づく貸付をする金融機関は適用されます。

 

銀行系は総量規制の対象外、消費者金融は総量規制の対象なので、この点も把握しておくことが大切です。

 

専業主婦の方は総量規制の適用外である銀行系カードローンでしか借り入れが出来ないので注意が必要です。

 

総量規制については、こちらのページでしっかりと説明されているのでご確認ください。→総量規制の対象か対象外かに注意する

 

消費者金融系比較表

 

プロミス モビット アコム アイフル
金利  4.5~17.8%  4.8%~18.0%  4.7%~18.9%  5.5%~18.0%
限度額  最高500万円  最高500万円  最高500万円  最高300万円
即日審査  最短1時間  最短即日  最短30分審査  最短30分審査
無利息期間  30日間  無し   30日間  無し

 

銀行系カードローン比較表(総量規制対象外)

 

みずほ銀行 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 オリックス銀行 新生銀行カードローン レイク
金利 4.0%~14.0% 4.0%~14.5%  4.6%~14.6%  3.0%~17.8% 4.5%~18.0%
限度額  最高1000万円  最高800万円  最高500万円  最高800万円 最高500万円
即日審査  最短即日  最短即日   最短即日   最短即日  最短即日
無利息期間  無し  無し   無し  無し 30日間